高岡紹介

国宝高岡山瑞龍寺

zuiryuji高岡の開祖前田利長の菩提寺曹洞宗の名刹。3代藩主前田利常の建立で、壮大な伽藍配置様式の豪壮にして典雅な美しさに圧倒されます。山門、仏殿、法堂が県内で初めて国宝の指定を受けました。

瑞龍寺HP http://www.zuiryuji.jp/

高岡大仏 〈市指定文化財〉

daibutsunewdaibutuin-02歴史のうえで奈良、鎌倉につぐ日本3大仏に数えられる「高岡大仏」は、伝統の銅器製造技術の粋を集め、30年の歳月をかけて完成したものです。総高15.85m、重量65tというスケールの大きさは、高岡の象徴です。

高岡古城公園

kojopark慶長14年(1609)、加賀藩2代藩主前田利長が開いた高岡城は、大阪夏の陣の後廃城となりました。しかし、美しい水濠や土塁は残されて、約21万m2の広大な城跡公園となり、四季それぞれに鮮やかな自然美を見せてくれます。公園内には、工芸都市高岡ならではの“芸術の森”や博物館、自然資料館、動物園、市民会館、市民体育館、射水神社などがあり、豊かな自然とともに、心なごむ憩いの場として人々に愛されています。

高岡市鋳物資料館

mg_7830mg8226

民家を改築した高岡市鋳物資料館は、千本格子の家並みに溶け込み、こぢんまりとした親しみやすい資料館です。ここでは、高岡鋳物師(たかおかいもじ)の誇りと心意気に触れていただきながら、貴重な古文書や懐かしい道具などを通して、高岡鋳物の歴史をご覧いただけます。

鳳鳴橋

houou橋の名は、高岡の地名の由来と伝えられる詩経の一節「鳳凰鳴けり彼の高き岡に」から名付けられています。鳳凰像は、橋の左右に2体あります。

高岡鋳物発祥の地碑

sekihi利長の命により砺波郡西部金屋から鋳物師7人が招かれ、千保川の左岸で鋳物づくりが始まりました。

高岡市HP

高岡市HP http://www.city.takaoka.toyama.jp/

Back to Top