製造工程

1.受注

お客様からのご注文を承ります。

2.方案作成・模型制作・解析

CADで3次元データを作成し、凝固シミュレーション、湯流れ解析等を行い、方案決めていきます。模型業者と打ち合わせし模型の制作を行います。

3.中子造型

nakago_1nakago_2一般的に、鋳物の空洞になる部分を形作る砂型を中子といいます。手込めの為、複雑な形状に対応できます。

3.主型造型

zoukei_1zoukei_2

一般的に、鋳物の外形を形作る砂型を主型といいます。模型を金枠で囲い、砂を突き固めます。

4.型組立

kumitate_1kumitate_2kumitate

主型・中子に塗型剤を塗布して乾燥させて、中子を主型へセットしていきます。中子は入らない製品もあれば、数十個セットする製品もあります。

5.注湯

tyuyu_1tyuuyu_2組立完了したら、上型をかぶせてクランプし、掛堰、張り止め等の処置をしてから、材質、温度、重量を確認した上で注湯します。

6.解枠

barashi1barashi2形状、重量等により変化しますが、適切な温度まで下がってから鋳バラシし、砂型から製品を取り出します。

7.ショット (砂落とし)

shot5_1shot5_2製品をショットブラストに入れ、表面の砂を除去します。

8.鋳仕上げ

shiage1押湯、湯道、鋳バリ等を、グラインダー等を使い手作業で除去します。

9.熱処理 (応力除去焼鈍)

7568shoudon1内部応力を取り除く為、550℃~600℃で焼鈍します。

10.ショット

サビを落としたり、グラインダーの跡を馴染ませる為、再びショットブラストへ入れます。

11.塗装

tosouお客様ご指定の塗料を使い、サビ止め塗装をします。

12.検査

kensa1kensa2寸法、形状、材質等の検査をします。

13.納入

取り扱いに注意して、お客様の元へ納入します。

Back to Top