沿革

天保年間高岡蝋型鋳造・若野鋳造所の祖 若野四郎左衛門宰光が鋳物師として製作を始める。
1877年(明治10年)4月高岡市金屋町126番地にて銅器鋳造業を創業。
1943年(昭和18年)4月戦時統制令により、銅器鋳物より鋳鉄鋳物に転換し川西航空機の下請け工場となる。
1958年(昭和33年)8月高岡市金屋1の25番地に工場を移転する。
1968年(昭和43年)7月資本金500万円 株式会社に組織変更する。
10月高岡市早川558番地の現在地に新工場建設移転する。
第一次設備投資完了。
1973年(昭和48年)10月工場を拡張、第二次設備投資完了。
1975年(昭和50年)12月資本金1,250万円に増資する。
工場を拡張、第三次設備投資を行ない配置転換を行なう。
1982年(昭和57年)6月資本金2,000万円に増資する。
1985年(昭和60年)4月富山県技術開発財団より技術研究助成を受け
「高強度素材の実用化研究および製造技術の確立」について研究開始。
真空型発光分析装置(カントバック)導入。
1986年(昭和61年)7月CV黒鉛鋳鉄およびベーナイト球状黒鉛鋳鉄の製造技術確立。
1990年(平成 2年)7月中子造型ライン新設。
1992年(平成 4年)5月工場内清掃のためセントラルクリーナー設置。
1997年(平成 9年)3月工場を拡張、第四次設備投資を行ない、解枠砂処理設備を更新。
1998年(平成10年)7月工場を拡張、第五次設備投資を行ない、高周波誘導炉を設置、配置転換を行なう。
2002年(平成14年)6月JIS Z 9902:1998/ISO 9002:1994 認定。
登録範囲:「鋳鉄鋳物製品の製造および付帯サービス」
登録番号:1312
2003年(平成15年)12月ISO 9001 2000年度版に移行。
2005年(平成17年)3月第六次設備投資を行ない、中物造型ラインを設置。
2006年(平成18年)4月事務所および従業員厚生施設の新設。
10月焼鈍工場の新設。
2007年(平成19年)6月第七次設備投資を行ない高周波誘導炉を2.5トンから5トンへ変更。
2008年(平成20年)1月真空型発光分析装置(カントバック)を更新。
2009年(平成21年)12月ISO 9001 2008年度版に移行。
2012年(平成24年)9月生産管理システムを更新し合理化を図る。
2013年(平成25年)9月鋳物流動・凝固解析ソフト「MAGMA」を導入。

Back to Top